トップページ
施設紹介
給食が出来るまで
食育・地産地消
環境への取組み
会社概要
お問い合わせ




2017年10月17日(火)


丸パン、牛乳、ミネストローネ、チキンカツ、ボイル野菜、トンカツソース、りんごでした。













HOME ≫ 環境への取組み





エコキュートは、地球環境への負荷を抑えた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯器で、省エネ性が極めて高い給湯器です。
大気の熱を汲み上げて自然冷媒に伝え、その熱でお湯を沸かすことにより、電力使用量が従来の機器に比べて1/3となり、CO2排出量を削減しています。





本施設には、屋上部分に太陽光発電パネル15kwを設置しています。発電による電力は、系統連携し施設の維持管理、運営に必要な電力として使用しています。
発電により、年間電力量を約「15,600kwh」削減できます。また、「4.7tーCO2/年間」のCO2排出量の削減が可能となります。これは成木にすると「約330本」、石油に換算すると「4,400リットル」分を削減できることになります。





毎日使う配送車は配送業務の効率化だけでなく、CO2削減など環境保全への取り組みに配慮しています。中でも2トン車は、低公害・低騒音の高性能な「ハイブリッド車」を採用しています。
配送担当者は、外部で行われる安全運転講習会へ参加し、安全運転、エコドライブに徹します。
「走る食育車」として地域社会に親しまれるよう、子どもたちから食育に関する絵を募集し、配送車にペイントしました。





屋根に降った雨は、貯水タンクに溜め、屋外散水に利用しています。







│ サイトマップ │
大洲市学校給食センター TEL:0893-25-5224
株式会社大洲給食PFIサービス TEL:0893-57-6737
http://www.ozugakkokyushyoku.co.jp
〒795-0081大洲市冨士119番地

All Rights Reserved Copyright 2012 大洲市学校給食センター